MENU

音楽理論って難しそう【学ぶことで得られるもの】ジャズには必須

こんにちは、ナオクです。

のアイコン画像

音楽理論を学ぶと何が変わるの?
ムズカシそうだけど、
やっぱり勉強したほうがよいのかな?

こんな疑問に答えます。

音楽理論を学ぶと、こんなことが出来ます。

好きな曲を分析して、エッセンスを自分の曲に生かせる。
曲作りで行き詰ったときは理論から作れる。

この能力があると自信になります。

しかし、このような反論もあります。
「音楽は理論や理屈じゃない!」

もちろんその通りです。
音楽を研究してみたら、ある法則が見つかった。それが理論です。
理論理屈が先ではなく、音が先。

音楽理論は知っていても使わないという選択、これはカッコイイ。

守破離という言葉があります。
型(理論)を学んで、
型を壊して。
どちらからも離れる。
型を壊すためには、知る必要がある。

ジョージベンソンは音楽理論書を1ページだけ読んで、プロになったと言っています。
その頃、ジャズミュージシャンで、歌もうまくて、化粧もしっかりしていました。
ある意味ぶっとんでいた天才なので、
自分の中に理論を作れたと思います。

僕は天才とは程遠いので、理論を学びました。

理論がわかると。ぐっと音楽の幅が広がり、音楽に強くなります。
音楽理論を学ぶと言っても、学ぶことはけっこうたくさんあります。

ジャズを弾きたいのであれば、まずは音楽理論の中の、
ジャズ理論を勉強すればOK。
本はいろいろ出版されています。
私は何冊か勉強しましたが、
THE REAL JAZZ GUITAR ジャズギター教則本でたくさんの事を学べました。

繰り返しますが、音楽を理論で学ぶメリットは大きいです。
ぜひ、少しずつでも学ぶことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる