MENU

AER BINGOⅡアンプを17年以上使った感想【現役・これがないと仕事にならない】原音重視【評価レビュー】

のアイコン画像

AER BINGOⅡアコースティックアンプって、実際どうなの?

こんな疑問にお答えします。

こんにちは、ナオクです。

アコースティックギターアンプの定番、AER BINGOⅡについて、
17年間、実際に使ってわかった、良い点(長所)、悪い点(短所)、
評価ポイント、感想をまとめました。

目次

良い点(長所)

耐久性がある

ドイツ製。頑丈。
キャリーカートでゴロゴロ運んでいますが、
17年以上使って、トラブルなし。いまだ現役。

エフェクト音が美しい

4種類のプリセットエフェクト
1. Warm hall Reverb
2. Bright hall Reverb
3. Chorus +Reverb
4. Flanger 
リバーブがきめ細かくて、気持ち良い。

小型サイズ

持ち運びしやすいサイズ。重量8.5kg。専用のケースもあり。260㎜(H)×330㎜(W)×235㎜(D)

素直な音

アコースティック系の楽器にぴったり。
BINGOは原音に忠実な、ナチュラルな音に、相当こだわっています。

サイズのわりにパワーがある(60W)

200人位の会場のライブでも使っています。

2つの入力が嬉しい

ギターとボーカルなど、同時に2チャンネル使えます。当然バランスも調整できます。
一つはファンタム電源が供給できるので、コンデンサーマイクも使用可能。(30V)
プリアンプを使わず、ギターをアンプに直接つないでもOK。

ヒューズが手に入りやすい

17年間で一度だけ交換しました。
推奨ヒューズ(250V 2A 20㎜×5㎜)

リアパネルにも入出力が豊富

BINGO

ヘッドホーンアウト
チューナーアウト
ラインアウト
DIアウト
センド
リターン
フットスイッチ

高級感があるブラックボディ

シンプルなデザイン、エンボス加工(まだら模様の凹凸)で、手触りもよい。

以上、良い点(長所)。

次に悪い点(短所)をまとめます。

悪い点(短所)

価格が高い

しかし、性能、コスパを考えると、私は納得しています。

1つのチャンネルはミドルなし

ベース、トレブルはあります。

交換用、パネルスポンジの価格が高い

純正品の価格は高いので、適当なスポンジを切って、貼り付ける手があります。
鉄パネルの見た目は悪くないので、私はスポンジなしで使っています。

bingo aer
bingo aer
aer bingo speaker
パネル外しました。スピーカー・ツインコーン 8″twin-cone speaker-system

以上、悪い点(短所)でした。

まとめ

当時、Roland AC-60 とAER BINGOⅡどちらを買うか迷いました。
結局、音を比べて、AER BINGOⅡに決定。

私はアコースティックギター(Martin JC-40)、ガットギター(Ishii Sakae、石井栄、ピエゾ+マイク)、
エレキギター(Gibson ES-125)、Mic(ダイナミック、コンデンサー)、
プリアンプとして、Boss AD-5、でセッティングしています。

AER BINGOⅡがないと仕事になりません。
原音重視、素直な音が、ありがたや。
温かい音を求める、アコースティック系ミュージシャンにおすすめ。中古でも人気ありますね。
現在は、AER COMPACT60 II という名前で製造されています。

あわせて読みたい

オーストラリア出身の天才フィンガースタイル・ギタリスト、トミー・エマニュエルも使っています。
サウンドメイキング、セッティングの説明動画(AER Compact 60)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる