MENU

レオ・ブローウェルの天才ぶりにびっくり

キューバ出身のギタリスト、
作曲家・レオ・ブローウェルの天才ぶりにびっくりした思い出。

1994年にスペインのコルドバで、
レオ・ブローウェルの作曲クラスを受講しました。

生徒達が作った曲に対して、
「もっと、こうしたら良いよ」
というアドバイスする授業。

生徒達はおのおの、作った曲をレオ先生の前でギターを弾いて、披露しました。

students
真ん中がレオ先生

びっくりしたのは
生徒がギターで弾いた曲を、一回聴いただけで、
レオ先生が、ギターで弾いて再現したこと。

ピアノでは、それが出来る人を映像で、観たことがあります。
しかし、ギターでは初めて見ました。
ただ、一音一句、完璧に再現した訳ではありません。

それでも、驚きです。
「どれだけ沢山のギターのハーモニー、
押さえ方を知っているんだ!
どれだけの時間、ギターを弾いて来たんだ!」

その時、レオ先生は55歳頃。
すでに、右手の腱を痛めて指揮活動が中心で、
演奏活動はしていませんでした。

LeoBrouwerconcert
Leo Brouwer in concert リハーサル中のレオ先生

しかし、先生達が出演する、コンサートでは、
レオ先生もステージでビートルズのソロを少し弾いていました。
クラシックギターでチョーキング(ベンディング)
していたのが印象的で、今でも覚えています。

spainstudents
1994年のレオ・ブローウェル受講クラス
LeoBrouwer
授業最後の日、クラスの生徒達がギターの板に寄せ書きして、レオ先生にプレゼントした時のこと。
くわえタバコで寄せ書きの文を読んでいます
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる